www.flickr.com
An American in Tokyo's photos More of An American in Tokyo's photos

ジオターゲティング
 
 
1996〜99年ソフトバンクパブリッシングで連載の「東京のアメリカ人」「新東京のアメリカ人」がBlogとして帰ってきた。

ビデオ・写真関連情報,ゲーム情報,ならびにお得情報を紹介していくので、よろしく!
 
<< 今だから振り返る3月11日の地震 その2−前の生活には帰れないのか? | main | う~ん、最高の製品なのか? それとも駄作? サンコー「USB 3M telescope digital camera」 とりあえず使ってみた編 >>
う~ん、最高の製品なのか? それとも駄作? サンコー「USB 3M telescope digital camera」セットアップ編
JUGEMテーマ:コンピュータ
前置き
実は私、あまり人様には自慢できるほどではないにせよ、趣味の一つに天体写真の撮影がある。

元々は前回のハレーすい星の写真を撮りたかったことがきっかけだったのだが、望遠鏡などがなかったため、写真はフイルムカメラにISO1600フイルムを入れ、バルブで写真を撮る程度のものだった。

特に大学時はアメリカのド田舎にある大学に在学していたこともあり、車で10分行くだけで真っ暗かつ平地に出ることができ、夜の星空を撮影するにはもってこいの環境だった。

その後、東京に戻ったことやデジタルカメラの暗いところでのノイズなどもあり、長い間天体写真から離れていたが、CASIOのEX-F1で多少撮影することができるようになり、少しずつ天体写真を再開した。また、何度かPENTAXのK-7やK-5をお借りする機会があったため、フイルム写真時代に近いぐらいの写真を冊絵売ることができるようになった。

また、昨年ようやく望遠鏡を購入したものの、EX-F1に使えるカメラが見つからないため、望遠鏡を使った撮影は出来ていたかった。そこで見つけたのが、今回入手したサンコーの「USB 3M telescope digital camera」だ。

3Mピクセルの写真が撮影できる
天体望遠鏡用デジカメ「USB 3M telescope digital camera」


と、ちょっと前置きが長かったが、この天体望遠鏡用デジカメのUSB 3M telescope digital camera (以下、USB天体望遠鏡用デジカメ)の詳しい情報はサンコーのwebページを参考にしてほしいのだが、簡単に言うと、望遠鏡や顕微鏡などのレンズを装着する穴に刺すことのできるデジカメなのだが、実はこの製品、他の似たようなデジカメアタッチメントが30万画像なのに対して、なんと300万画僧という高解像度を提供してくれる。


と、スペック的にはかなり興味深いのだが、実際はどうなんだろうか?  さっそくインストールしてみた。

Windows 7 64ビットに対応せず?
XP modeで何とか使えるのか?

今回インストールする環境をちょっと説明しよう:
コンピュータ: Asus UL20A ネットブック
OS: Windows 7 64ビット日本語版
メモリ:4Gバイト
HDD:320Gバイト

一応、サンコーのサイトでは、対応OSとしてWindows XP(SP1)、Vista、7と記載されているのだが、実際付属のCD-R(ROMではないですよ、Rです)に入っているドライバとアプリケーションを入れてみたところ、USB天体望遠鏡用デジカメのドライバが見つからないと言われる。ドライバファイルを直接指定してもドライバが見つからないため、ネットを調べてみると、少なくとも64ビットのドライバーが存在しないことが判明、Windows 7 64ビットで使いたいのなら、Windows XP modeを使う必要がある、といった書き込みを発見。

サンコーさんも確かに64ビット対応とは書いていないとはいえ、32ビット対応だけならそれを書いてほしかった。Windows 7対応をうたっているだけに、実際ドライバがインストールできないと、本体のバグなのか、ドライバーが対応していないだけなのか判断できないのは奇異びしい。是非とも今後公式のWindows 7 64ビットのドライバーか他に使えるドライバーをだれか見つけてくれると嬉しい。

仕方がないので、Windows XP modeを立ち上げ、ドライバとアプリをインストール。USB共有から「USBカメラ」を選択するとドライバが正しくインストールされた。

さっそく付属アプリの「Future WinJoe」を立ち上げると、今度は「800x640ピクセル以上、32ビット環境でないと動きません」と言われる。

あれ? まあ、いいや。16ビットから32ビット表示に変えればいいだけのこと・・・

と思ったのもつかの間、なんと16ビットに固定されているではないか!

そこで、サイトネットを検索して調べたところ、Windows XP modeの「統合機能モード」を無効にすることで回避できるということなので、さっそく設定してみた。

やり方は:
[ツール]→[統合機能を無効にする]を選択しし、Windows XP mode再度ログインをすればいい。 そうすると、デスクトップの設定で32ビットが選択できるようになり、Future WinJoeが使えるようになっている。Future WinJoeを使わない時には、再度統合機能を有効にすると、再ログインを要請されるので、パスワードを入れればいいだけ。

Windows XP Mode

一応、カメラを接続し、認識しているのは格できたので、さっそく試してみよう!

・・・と、思っていたところで外に出てみると、空は曇っていて星は全く見えない。

きちんと使えるといいな…。

次回は、きちんと撮影できたかどうかを報告したいと思う。

【2011.05.03 Tuesday 00:47】 author : アンディ・スミス
| 写真館 | comments(0) | trackbacks(1) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nazo-da.jugem.jp/trackback/330
トラックバック
望遠鏡をデジカメ化するUSBカメラ
→関連記事:低価格で本格的なデジタル顕微鏡以前、本格的なデジタル顕微鏡を紹介した時、望遠鏡については、VGAクラスの撮影しかできない製品しか見当たらず、いい製品がないとぼや...
| トドのつまりは・・・ | 2011/05/12 1:13 AM |






RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND


〜PR〜



本日のアクセス数

累計アクセス数

track feed
帰ってきた「東京のアメリカ人」