www.flickr.com
An American in Tokyo's photos More of An American in Tokyo's photos

ジオターゲティング
 
 
1996〜99年ソフトバンクパブリッシングで連載の「東京のアメリカ人」「新東京のアメリカ人」がBlogとして帰ってきた。

ビデオ・写真関連情報,ゲーム情報,ならびにお得情報を紹介していくので、よろしく!
 
<< アメリカで日本のアニメや漫画が売れなくなった理由 | main | 「無料」オンラインゲームは「タダ・タダ」詐欺? 一度ハマると、骨までしゃぶられる・・・ >>
フジテレビに続き、今度は日本テレビがやらせ番組「Kicked in the Nuts」をアメリカで社会現象になりつつある番組として紹介
JUGEMテーマ:ニュース
 実は、今日(2010年9月13日)日本テレビ系列の番組「今夜決定!!そこまでやるかマン 世界最強の勇者たち・6 」で以前フジテレビで紹介されたやらせ番組をまたもや紹介していた

実は紹介された番組の名前は「Kicked in the Nuts」で、数年前チャンネル101用にマイクとパトリック・ヘンリーの製作・監督によって制作された番組だ。

「チャンネル101用に製作された」と言うと「じゃあ、実際テレビチャンネル用に制作された番組じゃないか」といわれそうだが……実はこのチャンネル101、5分前後のショートビデオを毎週審査し、同名のwebサイトで公開しているのだ-つまり、素人が撮った番組を配信しているサイトだ。

なぜ番組が「やらせ」なのか……

実際に今回放送された番組のビデオを見ると分かるのだが:

1- まず蹴っている場所と方法では到底急所には当たらない (いきなりそこか!)。子供はもちろん腹をあたりけっている。
2- 実際テレビでも放映していないのに、急所を蹴られて怒り狂った被害者が番組名を聞くと、あっさりと納得してしまう
3-訴訟大国アメリカで本当にこのようなことをやったら、一発で訴えられる(笑

(ちなみにアフロをかぶっている本人が編集・プロデューサーだそうだ)

つまり……やらせ番組だということだ。

このようなやらせ番組を「アメリカで社会現象になっている」と紹介しているのは正直信じられない!

僕も別にテレビ業界に関しては素人ではないし、実際やらせ番組に出されたこともある(ほとんどの場合、撮影時には「再現VTR」といわれて、放送を見るといきなり実際の画像として放送されたものが多い)、'90年代にはそのやらせが問題となり、逸見さんが番組を降りた某番組にも出た経験がある。「電波○年」ともなると、番組のタレントにカラム外国人(エキストラ)の通訳として何度も立ち会ったこともある。

だからこそ、多少番組を盛り上げるためには小さいネタをまるで世界ムーブメントといわんばかりに紹介したい気持ちもわからないでもない。

しかし、このように品がなく、どう見てもやらせ番組を人気番組として紹介するのはどうかと思う。
【2010.09.13 Monday 22:09】 author : アンディ・スミス
| オフトピック | comments(3) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
昨日(2010.9.13)も日テレの夜7:00からのゴールデンタイムの番組でちらっとやってたね。俺的には、ヤラセの問題っていうより、急所蹴りで笑えるアメリカ人の神経に唖然とした。あれでコメディーとか言うんだからねw。あれはコメディーじゃなくてホラーだろw。アメリカ人は人が苦しむ姿を見て笑える生き物なわけだ。結構、youtubeでも喜んでるアメリカ人もいるみたいだし。あの番組で、一気にアメリカが嫌いになったわ。つうかこの頃、トヨタの急発進問題やイルカの食用問題も含めて、アメリカって国は信用できない国だってことがよくわかった。アメリカ人は中国人や朝鮮人と同じで、組めない生き物だね。
| noname1 | 2010/09/14 7:50 PM |
残念ながら、このようなことは昔からやられている。

例えば、日本の「ザ・我慢」をアメリカで紹介し「日本では金目当てに拷問される人たちがいて、それが通常法娯楽だ」と誤って紹介した番組があった。

簡単にいえば

「自分たちの国は偉い、他の国の人たちが馬鹿ばっか」

と、伝えているようなもの。

そして、上記の69さんのようにそれを「通常」と真実人たちが出てくるんだよね。
| 管理人 | 2010/09/14 8:17 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/09/14 9:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nazo-ja.net/trackback/323
トラックバック






RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND


〜PR〜



本日のアクセス数

累計アクセス数

track feed
帰ってきた「東京のアメリカ人」