www.flickr.com
An American in Tokyo's photos More of An American in Tokyo's photos

ジオターゲティング
 
 
1996〜99年ソフトバンクパブリッシングで連載の「東京のアメリカ人」「新東京のアメリカ人」がBlogとして帰ってきた。

ビデオ・写真関連情報,ゲーム情報,ならびにお得情報を紹介していくので、よろしく!
 
<< 夏コミ行って来ました | main | 夏の思いでといえば、祭りだ!! >>
iPhoneアプリでネズミ捕り情報をSNS共有
車を運転する人なら一度は警察のネズミ捕りや交通カメラにイラっときた経験はあると思う。

もちろん、基本的には交通ルールを守っているのなら、止められることもないしかかわる必要も無いだろうが、中には上げ足取りの点数稼ぎにがんばる交通課の人がいることも確かだ。

速度違反取締り関連ならオービスやNシステム、Hシステムなどの監視箇所をレーダーで感知したり、GPSマップへの登録したりしてユーザーに伝えてくれるレーダー探知機が多く発売されている。最新の製品では、メーカーに本体を送ったり、インターネット経由でデータをダウンロードすることで新しい情報を登録できるようになっている製品もある。

また、PSPとGPSアダプタを使用の方ならお勧めできるのがMAPLUS2だ(9月10日に最新版MAPLUS3が発売予定!)。MAPLUS2にはほとんどの一般道や高速道路に設置されている速度違反取り締まり機の情報が入っており、カーナビとして使っていると、取り締まり機の存在を教えてくれる。

激安iPhone用SNS取り締まり区域共有ソフト「Tapster」
レーダー探知機やMAPLUS2などはとても優れているものの、残念ながら結構値段が高く、リアルタイム性にかける問題がある。また、飲酒運転の検問や突発的な警察のシートベルト検問などには対応仕切れない。

また、一部インターネット上では警察の検問箇所や速度違反取締り機の設置場所を共有しているサイトはあるものの、車を運転しながら使うわけにも行かない。

そこで役に立つのがReach Unlimited Corporation開発のiPhoneアプリケーション「Trapster」(APPStoreリンク)だ。

Tra

Trapsterの使い方はいたって簡単。
1)APPStoreからTrapsterをダウンロード(無料)
2)Trapster.comにアクセスし、ユーザー登録をする
3)登録コードと確認リンクの入ったメールが届くので、まず確認リンクをクリックし、メールアドレスを確認
4)アプリケーションを立ち上げ、「Login」選択し、必要事項と3で届いたメールの登録コード(8月現在では数字/文字を含めた4文字)をiPhone側に入力
5)登録を確認できたら、今度はプッシュ機能を遊行するのかを聞いてくるので「はい」を選択
6)現在の位置情報を取得していいのかを聞いてくるので、ここでも「ハイ」を選択(これを許諾しないと、地図上の現在地はもちろん、プッシュ機能を使った注意情報が正しく認識されなくなります)
7)後は、移動中に表示されるGoogleMapsが表示され、近くに注意箇所があれば、メッセージ(英語)やアイコンでどのような脅威があるのかを教えてくれる。
8)プッシュ機能が有効になっていれば、Tripsterが立ち上がっていなくても、ポップアップメッセージが表示される。

※ココで一つ注意をしなければいけないことがある。Tripsterはアメリカ製のソフトのため、インターフェースや音声はすべて英語。また、単位も米国使用のため、キロメートルではなくマイルで表示されるため、多少混乱してしまう。また、コメントの入力も日本語には対応しておらず英文字入力に限る。

地図はGoogle Mapsを使っているためか、日本ではきちんと日本語で表示されるし、世界中にこのソフトを登録して使っている人がいるので、iPhoneさえネットにつなげることができれば、世界どこへ行っても取り締まり情報を見ることができる。

登録できる情報は下記のとおりだ:
・検問中
・警察が隠れてネズミ捕り
・警察がよくココで隠れている
・速度違反取締り機
・赤信号摘発カメラ (現在アメリカを中心に他の国にも広がっているいやらしいカメラ−交差点に設置されており、赤信号時に車が交差店内にいる場合、写真を撮るカメラ。最近アメリカではこのカメラから来る罰金の収入源を頼る村や集落が増え、以上に黄色から赤に変わる時間を短縮した信号を設置したことで物議をかもしている)

使い方は簡単で、運転中に交通取締りや検問があれば、画面下の「Report Enforcement Point」をクリックし、どのような取締りや検問かを設定。地図上のアイコンを正しい場所に動かすだけでいい。あとは、他のユーザーがその地域を通る際に情報が表示され、いまだに取締りなどが行われていたら、指示のアイコンをクリック。もう警察がいなくなっていれば、不支持をクリックするだけだ。

この他、webサイトにログインすれば、web上からも情報登録することができるようになっている。

※注意:このツールはあくまで警察の情報を把握するためのものであり、法の目をくぐるためのものではありません。このツールにより提供された情報は、あくまでユーザーが登録しているものなので、登録間違えや、情報が古いことがあります。このツールを使って交通違反を起こし、罰金刑および起訴されても当ブログは一切関知しません。
【2009.08.24 Monday 06:49】 author : アンディ・スミス
| iPhone初心者道場 | comments(1) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
アンディ、久しぶりです。アンディが書いているのを最近知りました。納得の話題ばかりです。応援してます。
| ikeya | 2011/01/11 4:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nazo-da.jugem.jp/trackback/281
トラックバック






RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND


〜PR〜



本日のアクセス数

累計アクセス数

track feed
帰ってきた「東京のアメリカ人」