www.flickr.com
An American in Tokyo's photos More of An American in Tokyo's photos

ジオターゲティング
 
 
1996〜99年ソフトバンクパブリッシングで連載の「東京のアメリカ人」「新東京のアメリカ人」がBlogとして帰ってきた。

ビデオ・写真関連情報,ゲーム情報,ならびにお得情報を紹介していくので、よろしく!
 
<< EDIUS Neo2/Pro5 用ナレーション生成ソフト「声の職人」を使ってみた | main | ♪蛍の光……♪ >>
EDIUSでCASIO EX-F1のH.264ビデオやAVCHDビデオを簡単編集
EDIUS Pro 5


懸命なる読者の方々はすでにご存知だと思いますが、筆者(ってパソコンで書くとなんか違和感あるな orz)はHDやFHDのビデオを撮影するときは、対外CASIOのEX-F1を使う。そこでよく話題に乗るのがH.264ビデオの編集だ。

CASIO EX-F1はビデオを録画するさいにH.264+PCM音源をQuicktimeのMOV形式で収録しているため、扱える編集ソフトが限られるほか、実際編集ができてもリアルタイム再生は難しく、かなり重くなるといった現状がある。もちろん、この問題はEX-F1には限らずサンヨーのXacti HD版と現在人気のAVCHDカメラでも同じだ。

実は現在公開されているEDIUS Pro 5 (version5.1以降)やEDIUS Neo 2ではこれらのフォーマットの編集は標準で対応している(AVCHDは以前のEDIUSでも対応)ので、そのままタイムラインに乗せて再生できなくも無いが、エフェクトやピクチャー・イン・ピクチャー等を使うとPentium Core2Quadでも重くなってしまう。

H.264ビデオは圧縮効率が高く、ファイルサイズが小さいため多くのビデオカメラやデジタルカメラなどで使われている。なんといっても、2時間のFHD映像を1枚の4GB SDに収録することができるのだ。しかし、高圧縮だからこそ、再生するにはそれ相応のハードウェアが必要となる。もちろん、カメラには撮影するさいに使っているH.264チップが圧縮および再生ができるので、カメラを使う中では気にならないのだが、パソコンで取り扱うことになると話が変わる。高圧縮された製造をソフトウェアで再生しなければならないのだ。

さらに面倒なのが、同じH.264を使っているのにもかかわらず、異なる企画(MOV、MP4、AVI、AVCHDなど)が存在するため、一つのハードウェアですべてに対応することが難しいのだ。

そこで、今回はこれらの映像のクオリティを下げずに、編集環境をより快適にするための方法を紹介しよう。
ハードディスクの容量が足りていれば、Canopus HQ Codec
容量がないので多少画質が落ちてもいいのなら、MPEG-2 PS


CORE2 Duo以上の環境で編集をするのならお勧めするのが、編集用にソースビデオを変換することだ。EDIUSは扱いにくい映像を比較的軽いCanopus HQ codecやMPEG-2 PSに変換することで編集にかかる時間や他フォーマットへの変換時間を大幅に減らすことができる。

では、Canopus HQ codecとMPEG-2 PSだとどっちがよいのだろうか、各フォーマットの特徴を挙げていこう。

Canopus HQ codec:
・映像はH.264と同じ4:2:2を使用している
・EDIUSネイティブのビデオフォーマットでとても軽い
・圧縮率が低いため、再エンコード時のロスが最小限ですむ
・フレーム間圧縮がないため、フレームごとの編集が行える
・しかしファイルサイズが大きい(例:9分のフルHD映像が約4.6GB)
・出力には必ず他のビデオフォーマットに変換しなければならない(*1)

MPEG-2 PS

・映像は4:2:0とH.264に比べて色再現性は劣る
・Pentium 4/3.2Ghz PCでも再生ができる
・圧縮率はH.264に比べ高いものの、15Mbps〜25MbpsとH.264のビデオの3〜4倍程度で済む
・EDIUSで編集したビデオを同じMPEG-2 PSで出力する時には変更箇所のみレンダリングがかかるため、ファイル出力がかなり早い
・異なる解像度やビデオフォーマットへの書き出しも比較的早い(*1)
・フレーム間圧縮があるため、細かいフレーム毎の編集に向かない



等と言った特徴がある。まあ、ハードディスクに余裕があるようならCanopus HQ codecに変換して使い、編集が終わったら変換後のファイルを消すことをお勧めします。もちろん、最終的にMPEG-2ファイルにするつもりやハードディスクに余裕が無い場合はMPEG-2に変換してから編集をしよう。

EDIUSで簡単変換

H.264のファイルをCanopus HQ codecに変換するのは実は簡単で、EDIUS上で再生できるファイルなら、一度ビデオファイルをbinに登録し、右クリック。

クリップを右クリックすると


プルダウンメニューから「変換」→「ファイル変換」を選択すれば、変換後指定のフォルダに変換後のファイルができ、binに登録される。

あとは、出来上がった変算済みのビデオをタイムラインに乗せれば、らくらく編集が可能になる。

この方法は今回紹介しているH.264形式を採用しているビデオフォーマットに対応している。

AVCHD対応のビデオファイルならAVCHD2HQがお勧め

前述した方法はもちろんAVCHDにも有効だが、AVCHDファイルの変換を行うならお勧めするのがEDIUS Pro 5/Neo2付属の「AVCHD2HQ」を使った変換だ。

AVCHD2HQは、独自の変換アルゴリズムを駆使しているため、AVCHDからCanopus HQ codecやMPEG-2 (HDVも含む)のバッチ変換に適しているのだ。変換時にはCPUのコアを振る活用するため、複数のファイルの同時エンコード等に対応している。

また、トムソンカノープスのFIRECODER Bluに対応しているので、PCにFIRECODER Bluを指している環境なら、さらに高速に変換することができる。

変換し終わったファイルは指定のフォルダに登録されるほか、EDIUSが立ち上がっている場合は直接binに登録される。

さて、早足で紹介したが、次は編集したHD/FHD映像のYoutubeにアップするために適したビデオフォーマットなどを紹介していきたい。

*1 FIRECODER Blu搭載PCでCanopus HQ codecやMPEG-2 PSで編集したビデオをMPEG-2やH.264に変換する場合は高速処理されます。
【2009.07.17 Friday 16:54】 author : アンディ・スミス
| 動画でdou-yo? | comments(0) | trackbacks(1) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nazo-ja.net/trackback/269
トラックバック
CASIO デジタルカメラ EXILIM (エクシリム) PRO EX-F1 ブラック EX-F1BK
CASIO デジタルカメラ EXILIM (エクシリム) PRO EX-F1 ブ...
| 運動会で使えるデジタルカメラ | 2009/08/22 6:13 PM |






RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND


〜PR〜



本日のアクセス数

累計アクセス数

track feed
帰ってきた「東京のアメリカ人」