www.flickr.com
An American in Tokyo's photos More of An American in Tokyo's photos

ジオターゲティング
 
 
1996〜99年ソフトバンクパブリッシングで連載の「東京のアメリカ人」「新東京のアメリカ人」がBlogとして帰ってきた。

ビデオ・写真関連情報,ゲーム情報,ならびにお得情報を紹介していくので、よろしく!
 
<< 子供に進められるアニメ | main | 国も変われば、駄菓子も変わる >>
食欲の秋:炭火職人でランチを食べ来ました!
焼肉セットがランチで1,000円!? その上、その店が職場から徒歩10分前後といえば、やっぱり試したくなるのが人間だ。

というわけで……
久しぶりの投稿として、今日日本橋と東京駅の間ぐらいに位置する激安焼肉店「焼肉職人」に行ってきました!

今回訪れた焼肉職人は東京都中央区日本橋3-3-17 中井ビルB1にあり、アクセスは東京八重洲口から徒歩3分日本橋からも約4-5分とかなりアクセスも良い。ただ、小さい路地に面していることや店舗自体地下一階にあることから、見逃しやすいのが欠点ともいえるだろう(まあ、そのおかげであまりならばなくても入れるということにもなるが……)。初めての方はGoogleのストリートビューで確認するなどでして用意することをお勧めする。

なお、今回のレビューはあくまでランチをベースとしたものなので、ご了承いただきたいと思います。

まず、焼肉職人のランチの価格を紹介すると:
A セット 800円
A セット(大盛) 900円
カルビセット 1,000円
ロースセット 1,000円
ミックスセット 1,000円
カルビ(大盛) 1,200円
ロース(大盛) 1,200円
ミックス(大盛)1,200円

※セットにはご飯、トン汁、カクテキなどのお漬物、サラダが付きます。

など、とてもリーズナブルな価格で提供している。

そこで早速今回はせっかくだったので、ロースミックスの大盛(1,200円)を頼んでみました。
ロースセット(大盛) 1,200円也

なんといっても驚いたロース大盛の皿だ。
ロース肉の肉厚は感動モノだ

お皿の上に大量に盛られた牛ロースは肉厚で、炭火で焼いて食べると、まるで口の中でとろけるような軟らかさと口の中に溢れんばかりの肉汁が食べる人を虜にする。

さすが通常料金が高額だけに、ランチにも良い牛肉を使っているようだ。

今日は平日(金曜日)であるのにもかかわらず、待っている人たちが5人しかおらず、5分程度で席に付くことができた(勤務先の裏にある人気ラーメン店は昼時になると平気で10人待ちになり、食べるまで10-15分待つことがしばしある)。

前の人が減ると、店員がオーダーを聞いて、先に料金を払う。すでに店内にいる客はお金を払っているため、食べ終わるとすぐに店を出るため、客の回転がとても良い。席に座ると、2-3分で食事が届くので、待ち時間も少ない。

食事が届けば、後は肉を炭火の上で焼くだけ。

当たり前だが、焼肉の網は毎回取り替えているほか、いくら込んでいても相席により網を見ず知らずの人と共に使うことはまったくない。

とにかく、ランチタイムに(日本橋としては)安く済ませたいのなら、お勧めのお店だ! ただ、欲を言えば、分煙化か禁煙化をしてほしい−せっかくおいしいご飯を食べている横でタバコをプカプカと吸われると、せっかくのおいしい肉の味が半減する。

★★★★☆
【2008.09.26 Friday 12:45】 author : アンディ・スミス
| オフトピック | comments(0) | trackbacks(1) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nazo-da.jugem.jp/trackback/210
トラックバック
東京八重洲の焼肉屋「一力」のランチを食べてきた
実は私、先日まで風邪でダウンしていたのですが、風邪の間は食欲もあまりなく、体力もダウン。 それなら、肉を食べに行って体力をつけよう! と今回ランチに行ったのが東京八重洲にある焼肉や「一力」だ。 場所は以前このブログで書いた「炭火職人」から歩い
| 帰ってきた「東京のアメリカ人」 | 2009/01/27 4:08 PM |






RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND


〜PR〜



本日のアクセス数

累計アクセス数

track feed
帰ってきた「東京のアメリカ人」