www.flickr.com
An American in Tokyo's photos More of An American in Tokyo's photos

ジオターゲティング
 
 
1996〜99年ソフトバンクパブリッシングで連載の「東京のアメリカ人」「新東京のアメリカ人」がBlogとして帰ってきた。

ビデオ・写真関連情報,ゲーム情報,ならびにお得情報を紹介していくので、よろしく!
 
東京新聞:ワンセグ付き携帯電話 テレビなし、でも受信料 :放送芸能(TOKYO Web)
JUGEMテーマ:日記・一般
今日東京新聞で興味深い記事が載っている。

東京新聞:ワンセグ付き携帯電話 テレビなし、でも受信料 :放送芸能(TOKYO Web) 

詳しくはもちろん本家の記事を読んでいただきたいのだが、以下の引用がすべてを語っていると言えるだろう:

 放送法は「NHKの放送を受信できる設備を設置した者は、受信契約をしなければならない」(第32条第1項)と規定している。NHKの見解は「NHKの放送を受信できる設備」とは、テレビに限らず、地デジチューナー付きPCやワンセグが見られる携帯端末なども対象としている。
宝くじ事業や競輪の仕分けも良いが、誰かいい加減NHKのこのような「暴利」の仕分けをしてもらえないのだろうか?

NHKの受信料徴収に関しては昔から納得のいかないところがある。

確かにイギリスなどでは国営放送(BBC)が昔から「アンテナ税」と言った名称の下受信料を徴収しており、中には室内アンテナが使われているか否かをチェックする機材を所有していると言った話を聞いたことがある(本当か否かは調べたことは無い)。また、他の国でも国営放送の運営を「受信料」やテレビ税などでまかなっている国もいくつかあるようだ。

となれば、日本のNHKの受信料も「仕方の無いこと」なのであろうか?
続きを読む >>
【2010.05.26 Wednesday 18:49】 author : アンディ・スミス
| 著者物 | comments(0) | trackbacks(0) |
次号のアスコム出版「英語でしゃべらナイト」にまた執筆
またまた、アスコムの「英語でしゃべらナイト」の6月号にまた執筆しました。

今回のネタは番組で紹介された英語や勉強方法などをより深く紹介していくものだ。

特にパフィーが出演した回からは欧米のハグについて話している。

いつもどおり今月書店に並びますので、よろしくお願いいたします!
ちなみに前回執筆した4月号はまだ発売中なので、まだ読んでいなければ、せひご覧になってください! (っていうか、買って!”
【2006.05.02 Tuesday 16:39】 author : アンディ・スミス
| 著者物 | comments(0) | trackbacks(0) |
英語でしゃべらナイト4月号近日発売!
以前お話したアスコム出版「英語でしゃべらナイト」の4月号が近日中に発売される。

4月号では「ウエブ単語100」をやらせていただきました。結構やってて楽しかったので、ぜひご覧になってください。
【2006.03.06 Monday 02:29】 author : アンディ・スミス
| 著者物 | comments(0) | trackbacks(0) |
メインサイトでは、最新アメリカン・アイドルニュースとアイドル勝ち残り投票を実施中!
実は、メインサイトでは話しているのですが、

現在FOX Japanで放送中のアメリカン・アイドルの字幕作成をやっている。

そこで、メインサイトでは今週の番組で生き残った24名で誰が最初に落とされるのか、誰が生き残るのかのコメント投票を募集しております。

アメリカン・アイドルファンも今週始めてみる人も、ぜひご覧になってコメントをください!

2006年のアメリカン・アイドルは誰?
【2006.02.21 Tuesday 15:14】 author : アンディ・スミス
| 著者物 | comments(2) | trackbacks(1) |
現在アスコム出版「NHK英語でじゃべらナイト」
去年から不定期でライター家業を復活した。

と言っても、IT関連の記事ではなく題名を見てもわかるように、NHKの英語関連雑誌で書いております。現在作成中の記事の詳細はまだお伝えできないのですが、次号のアスコム出版NHK英語でじゃべらナイト」に刑されますので、お楽しみください!

英会話関連の記事と言えば、昔PC Computing Japanで「有名会社の広報のインタビューを使って英語を習う」といった企画を始め、DOS/V magazineでMMORPG(オンラインRPGでのチャット用語やeBayで商品を買うために役立つ英語集なども書いた。

もちろん「英語を勉強する」記事として、宙出版のHi Mysteryをはじめとして、複数の雑誌をたらい回されながら「これでいいのか英会話」といった連載も書いていた。この連載の面白かったところは、米国の人気恋愛小説をベースとした「ハーレクィーンロマンス」小説のマンガ版(もちろん日本語)から実際に使われている日本語を英語で使った場合、何が適当かを紹介して言った。

たとえば、外来語から日本語に来たときに意味が代わった言葉がいくつかあることをご存知だろうか? 中には文化の違いから変ったものも少なくない。
続きを読む >>
【2006.02.03 Friday 02:01】 author : アンディ・スミス
| 著者物 | comments(0) | trackbacks(0) |






RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND


〜PR〜



本日のアクセス数

累計アクセス数

track feed
帰ってきた「東京のアメリカ人」